心理カウンセラーの仕事は|憧れの職業に就くために|整体師の資格を取得する
ドクター

憧れの職業に就くために|整体師の資格を取得する

心理カウンセラーの仕事は

カウンセリング

そもそも資格がない

心理カウンセラーになるにはどのような勉強をすればいいのでしょうか。驚くべきことに、心理カウンセラーの資格というものは存在していないのです。悩んでいる人の話を聞いたり、心に隙間がポッカリ空いて思考が停止してしまった人など、日常生活がままならない人に対して、アドバイスをする人達の総称を指します。では、心理カウンセラーになるにはどうすればいいのでしょうか。心理カウンセラーになるには、臨床心理士や心理判定員などの国家資格を有している人は可能です。資格そのものでも安定した仕事がある上にカウンセリングもできる強みがあります。心理カウンセラーになるにはその他にも、精神保健福祉士やスクールカウンセラーなど様々あります。

安定を選ぶか

国家資格を持っていなくても、申請手続きを行うだけでカウンセリングできる方法もあります。心理カウンセラーになるには大学卒業が必須というわけではありません。資格が仕事として成り立つ場合は、心理カウンセリングの仕事がなくても一定の収入が得られるので問題はありません。メンタルケアカウンセラーは通信教育等で資格を取得できますが、それ単独では仕事として成立させ、安定した仕事にするのは難しいでしょう。簡単に取得できる資格だと持っている人が多く、なおかつ仕事の絶対数が少ないのだから、自分が仕事をもらえるチャンスは低くなります。苦労をして大学卒業して資格を取る方が安定した収入を得られるので、カウンセリングは大卒以上で取れるような資格を持っている方が安全です。